2004/11/22 Mon
[Paris-2] びっくりのノートルダム大聖堂

 

フランス・パリ滞在中の及川。

こともあろうに
アムステルダムからパリに向かう飛行機が
飛び立つ直前に
エンジントラブル。

あのねぇ。。。

飛び立った後じゃなくて
よかったけど〜。

     *     *     *

そんなこんなの今日この頃。

エンジントラブルのおかげで
ホテル着が
夜9時すぎになってしまった。

あああ、今日は
もう、どこにも出かけられない。

しかも
何もすることもなく
寝るしかない…。

健康的。

     *     *     *

で、案の定、
次の日は
朝3時に目が覚めた。

「早起きは3文の得」なんて言いますが
ここまで早起きすると
全然、得なことはありません。

う〜む。

でも〜、
早起きしたので
早くホテルを出かけてしまおう!

     *     *     *

ということで、
開門と同時に『ルーブル美術館』に潜入!

          (詳しくは後日、特集します。)

で、ルーブルの後は
すぐ近くにある
『ノートルダム大聖堂』に潜入。

   

1320年に完成?

何だって?
700年前に
こんな巨大な聖堂を?

あららららら。

それは、たまげたねぇ。
どうやって造ったのかねぇ。

当時も大手のゼネコンが
あったのかねぇ。

     *     *     *

あの、ナポレオンも
ここで戴冠式をやったんだよねぇ。。。

あららら。

由緒正しき大聖堂なのだな。

     *     *     *

で、やはり
大聖堂に来たからには
大聖堂の中に入らなければ
いけません。

聖堂の中に入るのは
無料らしい。

ふ〜ん。

じゃ、入ってみましょう!

     *     *     *

で、入り口に向かう及川。

すたすたすたすた。

何やら、列ができている。
何となく並ぶ。

すると、ものの1分くらいで入れる。
あらまぁ。

入り口から
聖堂の内部に入ろうとする及川。

し、しかし…
事件はそこで発生したのでした。。。

がーん。

     *     *     *

その及川の目に
驚愕のものが飛び込んで来た!

おおおおおおおおお!
な、な、な、なんだこれは!!!

こ、こ、これって一体…。

見てはいけないものを
見てしまったよ。あんた。
がーん。

     *     *     *

及川が目にしたものとは!
見てはいけないものとは!

な、な、な、なんと!
入り口に書いてあった垂れ幕なのだ。

色々な国の言葉で書いてある。
あらまぁ。

「WELCOME」とか書いてあるから
それ系のものなのでしょう。

おおおおおおお!
下手な字だけど…
日本語も書いてあるではないか。

で、それをじっと見た及川。

えっ?

な、な、な、なんだそれは!
あらまぁ、びっくり!
なんでまた。

では、皆さんにも
実際のものを見てもらいましょう。

びっくり仰天です。

こちらです。

   

がーん。

     *     *     *

「よこそう」って、
あんた、一体、どういうこと?

多分、これは「ようこそ」と
書きたかったのでは???

どこがどう間違えて
「う」が後ろに行ってしまったのだ???

しかも、その間違えている看板を
堂々と入り口に飾るとは…。

     *     *     *

あああ、由緒正しき大聖堂なのに。

ナポレオンの戴冠式も
ここでやったのに…。

あああ、それなのに、それなのに…

どうして入り口に書いてあるのが
「ようこそ」ではなく
「よこそう」なのだ〜!!!

これでは、
ナポレオンもジョセフィーヌとともに
化けて出て来てしまうというもの。

成仏できません。
ああああ。

     *     *     *

でさ〜、
誰か、指摘してあげないものなの?

世界的な観光名所なんだけど…。

やはり、及川が指摘してあげた方が
いいのでしょうか!

じゃ、教えてあげようかなぁ?

でも…

WELCOMEは『よこそう』ではありません。
『いや〜ん、ちょっとだけよ〜』です。

とか教えると
そういう風に書いてくれるかなぁ。

あああ、
そうすると
さらに、ナポレオンは成仏できないだろうなぁ。。。

     *     *     *

そんな、びっくり仰天なことばかりで
及川のパリ旅行は
続くのでした。

つづく…。


今週のえっ?INDEX : TOP